いまはいい車を作っても売れるかどうかは値段次第?

戦後の日本は「消費革命」を起こした。車は一家に一台の時代へ

2002年には1・8リッタークラスの「プレミオ」「アリオン」を発売。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)を長く取り、可能な限りの広い車内を実現した。2003年には12代目となる通称「ゼロ・クラウン」を発売。高い動力性能と低燃費を両立させ、自動車業界関係者を驚かせた。その他、狭い日本の道路でも使いやすい5ナンバーサイズのプレミアムセダン「プログレ」など、セダンを提案した例は枚挙にいとまがない。エキセソトリックなモデルあり、正統派セダンあり、これだけ多くのモデルを矢継ぎ早に出すトヨタのセダンにか賭ける意気込みは、相当なものである。

トヨタはそれらのモデルを通じて、セダン・イノベーション(セダンの変革)を提唱してきた。その根底にあるのは、ファントゥドライブすなわち運転の楽しさに徹底的にこだわるという、トヨタのモノづくりの哲学である。セダンに顧客が戻ってくる日。マークⅡの系譜を受け継ぐマークXだが、その成り立ちはトヨタが90年代半ばに掲げたセダン・イノベーション路線を突き進むものだ。

メルセデス・ベンツEクラスやBMW5シリーズなど、世界のミディアムクラスのプレミアムセダンに打ち勝つ走りを目指したが、それは単なるカタログの飾り文句ではない。きわめて高く設定された性能目標を達成するため、マークXは企画段階で、マークXに比べてークラス上の大型セダン、クラウンの車台を使って作られることが決定していた。流用されるのはフロアパネル、サスペンション、エンジン、自動変速機など、クルマを作るさいに最も重要な基本構成部品のほぼすべてである。現行のゼロ・クラウンは世界基準の走りを目指して作られ、高い評価を受けている。
家の父が、ずっと乗り続けている古い車があるのですが、やっと手放す気になったようで、車を売却して、新しい車を買うのに色々調べているみたいです。次はどんな車を買うのか楽しみです。


都市部では、約6割以上の家庭がこれらの神器を手に入れ、豊かさを享受していた。電化製品の普及は女性たちのライフサイクルを大きく変えた。余暇時間を多く持つことができるようになった女性たちが、パートタイマーとして社会に出ていきはじめたのもこの頃だ。一方、夫たちはマイホームを手に入れるために、「企業戦士」「モーレツ社員」となり、脇目もふらずに働いた。

その構図は「核家族化」をいっそう加速していった。60年代の後半になると、今度はクーラー、カラーテレビ、カー(いわゆる3C)が豊かさのバロメーターとなっていった。空前の好景気を背景に、まさにわが国は「消費革命」のただ中にいた。人々が常に「ワンランク上」の暮らしを追い求めていた時代である。

新着記事
2013/09/25 注目記事を更新しました。
2013/09/21 新着記事を更新しました。
2013/09/20 新しい象徴を更新しました。
2013/09/17 高嶺の花を更新しました。
2013/09/15 トヨタマンの思いを更新しました。
2013/09/13 走行性能と乗り心地を更新しました。
2013/09/12 戦後の日本は「消費革命」を起こした。車は一家に一台の時代へを更新しました。
2013/09/09 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
車査定買取ジャパンGulliver北海道ブブ
全国4万件の車買取業者から最大25社の中から一番高く買い取ってくれる業者に売ることができます。全国展開で膨大な情報から最高値を把握し、独自のネットワークでお客様の車を高価買取、売却を実現します。北海道の輸入車販売ディーラーです。買取、売却サービスもあります。